7月16日~8月25日の期間に18のプログラムを実施し、のべおよそ320名の高校生に参加していただきました。今年はクラウドファンディングにも挑戦し、より多くの方々に支えていただきました。地域のスピーカーの方々、賛助会員企業の皆様、学校の先生方、大学生スタッフ、高校生スタッフなど本当に多くの皆様のおかげで今回のプロジェクトを実施することができました。
改めて心からの感謝をお伝えいたします。本当にありがとうございました。

<取り組みの様子>
プログラムに参加した高校生たちは、地域イベントにスタッフとして関わったり、普段関わることのない大人や、大学生たちと話したりしました。

参加した高校生の感想の一部をご紹介します。
“思ったり、考えたりするだけでなく、行動に移すことが大事だと思った”
“周りの人と考えていく楽しさと、他人の意見に耳を傾ける大切さを学んだ”
“自分とは違った考え方を持つ人と話すことで、自分の考えが変わったり、深まったりした”
“少しだけ将来を形作ることができた”

多様な価値観を持つ人々と関わることを通して、高校生たちは様々なことを発見しました。

同時に、プロジェクトに関わる大人にとっても、高校生の物事の見方、感じ方を知ることが新鮮な学びとなりました。

<活動報告会を実施します>
今回のプロジェクトの活動報告会を開催いたします。

文章ではお伝えできない、高校生の成長や学びを共有できる場にできればと考えています。「夏の!OPENエンリッチプロジェクト」の活動報告はもちろんですが、美濃加茂市で取り組むキャリア教育事業についてもご報告させていただく予定です。

詳細は後日団体ホームページ(enjuku.jp)およびFacebookページでお知らせいたします。

☆NPO法人縁塾活動報告会☆
【日時】2018年10月25日(木)17:00~19:00
【場所】可児市文化創造センターala レセプションホール
(岐阜県可児市下恵土3433-139​)

<最後に>
大きなトラブルなく、4回目のプロジェクトを無事終えることができました。たくさんの方に助けていただきながら、時にはご迷惑をおかけしながら企画・運営してまいりました。
高校生のキラキラした表情や、周りの方のあたたかい応援の言葉が支えとなりました。
本当に今はただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後もこの取り組みを続け、誰しもが自分らしくイキイキと生きていける地域をつくっていくつもりです。どうかこれからもNPO法人の縁塾の活動をご理解・ご支援いただけますと幸いです。

また各プログラムの報告は引き続きFacebookページ・ホームページで更新してまいりますので、是非ご覧ください!
今年は大学生スタッフがレポートを書いております。