2018-06-11

2017夏☆18 絵本の読み聞かせ方教室

【主催】安藤龍子

【日時】8月12日(土)13:00~15:00

【場所】可児市立図書館 3F 会議室

【キーワード】絵本の読み聞かせ 子育て ボランティア

絵本とは本来、人とつながる為のものです。参加者のみなさんとそのことを共感できるような時間にしたいと思います。思い出の絵本があればゼヒ持参してください。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、室内

活動レポート

可児市立図書館や御嵩町内の小学校で読み聞かせのボランティア活動を約30年間続けているベテラン・安藤龍子さんに、絵本と読み聞かせについてお話しいただきました。生徒たちは読み聞かせが自己肯定感を与えることや、多くの言葉を獲得することで思考力や想像力が身につくことを学びました。その後に、読み聞かせ時の絵本の持ち方やページのめくり方などのポイントをいくつか教わりました。さらに1人1冊好みの絵本を選んで実際に読み聞かせの練習をしながら安藤さんからアドバイスをいただきました。そして最後に、図書館に来ている子どもたちへの読み聞かせ体験をさせていただきました。高校生は、自分たちの読み聞かせで子ども達が絵本の世界にのめり込んでくれた体験をすることができました。

高校生の声

絵本を読み聞かせすることで自分の国語力も上がってくると思うし、声の大きさとかも大切なのでコミュニケーション能力もつくと思うから、そういったことをもっと身に付けていきたい。

自分が読み聞かせをしているときに子どもがみんな真剣に静かに聞いてくれてとても嬉しかったです。

関連記事