2018-06-11

2017夏☆15 可児市役所Presents行政クロスロード

【主催】可児市役所 6年目職員

【日時】8月8日(火)14:00~16:00

【場所】岐阜県立可児高等学校 会議室

【キーワード】市役所の仕事 決断 「気付く」の交流

「クロスロード=分かれ道」可児市で起きた事案に対し、若手職員はどのように対応したのか。彼らの熱い思いやジレンマを聴いて、市役所の仕事の本音を知ってください。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる

活動レポート

可児市役所の6年目の職員4名にプログラムを実施していただきました。子ども課、広報課、高齢福祉課、図書館の職員が実際に取り組んだ課題に対して、もし自分が可児市役所職員だったらどういった判断をするのかをゲーム形式で考えました。答えのない問いにどう取り組むのか、自分とは違った意見をどのように受け入れるのかをグループで話ながら学びました。職員の方々から、実際に経験された地域の課題とそれをどのように判断したかのお話を聞きました。

高校生の声

ひとつの問題に必ずひとつの明確な答えがあるとは限らないということを知った。

ひとつの答えにとらわれず、物事を色々な視野で見て判断していきたいと思いました。

自分たちがこれからのまちをつくっていく存在であることを認識することができた。

様々な意見を取り入れ、よりよい方向に向かっていくことを学んだ。

関連記事