2018-06-11

2017夏☆04 医療専門職の新たな可能性

【主催】Life Up Kani

【日時】7月22日(土)14:00~16:00

【場所】Life Up Kani

【キーワード】地域医療 医学研究 予防医療

医療専門職ってどんな仕事?といった疑問から医学研究ってどんなこと?地域で働く医療専門職って何ができる?予防医学ってどんなこと?といった疑問まで、医療に関する皆さんの疑問にお答えします!

画像に含まれている可能性があるもの:1人

活動レポート

医療専門職と一言で言って多くの仕事があること、同じ医師・看護師・理学療法士でも働く場所は病院だけではなく研究機関や在宅などいろいろな場所・働き方があること、その仕事でどんなことを実現したいのかが重要であること、などをお話していただきました。医療専門職と将来に漠然としたイメージを持っていた高校生に、「具体的にどんな仕事に就きたい?」「どんな場所で働きたい?」「その仕事でどんなことを実現したい?」などを問いかけ、具体的な将来像を描いてもらいました。
また、実際に筋肉量、歩行年齢、脳年齢、姿勢年齢などを測定し、自分の体や健康について体験を交えながら考えてもらいました。

高校生の声

仕事の種類がたくさん知れて、いろんな進路があるとわかった。また、大学に入ったり、仕事についたりするのがゴールではなく、それから何をしたいのかまで考えようと思いました。

医師や看護師の他にも検査技師や理学療法士など様々な仕事があって医療が成り立っているということがわかりました。

看護師になりたいけれど、ほかにも視野を広げていきたいと思った。

関連記事